アゲート(瑪瑙/めのう)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

カラフルな層をなすアゲート
アゲート 聖書に記述
原産地 ブラジル、インド、メキシコ、南アフリカ
多種
属性 カルセドニー
硬度 6.50 - 7.00
屈折率 1.53 - 1.54
比重 2.58 - 2.64

アゲートはカルセドニーが縞模様に結晶したものです。アゲートの名は、この石が発見されたシチリア島南西部のアチヤテス川(現在のディリロ川)に由来しています。アゲートには流れるような美しい模様のあるものがよく見られますが、これは鉄やマンガンが含まれているからです。

伝説

昔から、身につける人に尽くすと言われてきたアゲートは、何千にもわたり人類に愛されてきまし た。古代シュメール人やエジプト人に尊ばれ、お守りや容器、装飾に用いられてきたアゲートは、最も古くから知られてきたジェムストーンの一つと言えます。ローマ時代には、アゲートのインタリオ(沈み彫り:浮き彫りの逆に、凹型に彫られたもの)を使ったシグネット・リングが、たいへん人気でした。

アゲートはモーゼに与えられ、アーロンの胸当てにはめこまれた(出エジプト記28章15節から30節)「火の石」(エゼキエル書28章13節から16節)として聖書に登場します。アゲートの一種であるサードオニキス(紅縞瑪瑙)は、エルサレムの城壁の土台石として使われた12のジェムストーンのひとつです(黙示録21章19節)。エルサレムの12の土台石を12使徒にあてはめたカエサレアの司教アンドレアスは、サードオニキスをヤコブの象徴としました。アゲートは特に中世に珍重され、豊作を祈るために雄牛の角に結びつけるという風変わりな使われ方もしました。もっとも荷物を背負った雄牛が姿を消し、見つからなくなるという危険がありますが! アゲートは不眠症を治し、快い夢を約束し、危険を退け、体力と治癒力を向上させると信じられています。

アゲートについて

アゲートの形成に必要な主な条件は、ガラス質になった火山灰に含まれるシリカ(二酸化ケイ素) と、雨水や地下水などの水分、白や赤、青、グレー、茶、黒などの色の層のもととなるマンガン、鉄分などといった鉱物の酸化物です。アゲートはこうした成分が母岩の中の空洞に詰まって形成されます。結果として、ノジュール(団塊)として発見されることが多く、樹木の幹の年輪のような同心円状の縞模様が見られるのです。縞は目のようにも、木の生えた風景のようにも見えることがあります。アゲートは、透明なものから不透明なものまで多様で、ブルーアゲート、ブルーレースアゲート、クレイジーレースアゲート、グリーンアゲート、インディアンアゲート、モスアゲート、ファイアアゲート、ツリーアゲート、オニキス、サードオニキス、ウッドアゲートなどがあります。