アレキサンドライトの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

アレキサンドライト
アレキサンドライト 6月の誕生石
原産地 インド、マダガスカル、タンザニア
緑色がかった青、青緑、深緑、すみれ色や深紅、赤紫、紫、オレンジに変化
属性 クリソベリル
硬度 8.50
屈折率 1.74 - 1.76
比重 3.70 - 3.78

ロシアでは「皇帝の宝石」と呼ばれているアレキサンドライトは、実に奇跡のようなジェムストーンです。「昼のエメラルド」、「夜のルビー」と言われるアレキサンドライトは、日光の下では緑色がかった青から深緑に見え、ロウソクの火に照らされるとすみれ色や深紅、赤紫色、紫色、あるいはオレンジ色に見えます。

希少価値があり、見事に色を変え、耐久性が高く、ダイヤモンドのような輝きを持つアレキサンドライトは、ジュエリー通にとっては必須のジェムストーンです。クリソベリルの珍しい変種であるアレキサンドライトは、ルビーやサファイアと並んで、世界的に最も求められているジェムストーンのひとつです。

> アレキサンドライトを使用したジュエリーを見る

伝説

1830年10月のある寒い朝、貧しい炭焼き人のマキシム・ステファノビッチ・コシェフニコフは、トコバヤ川沿いのシダレカンバの林を歩いていました。嵐で倒れた大きな木の根に足をとられたコシェフニコフは、緑色の美しい石を見つけました。その石はすぐにエメラルドと鑑定され、まもなくロシアのウラル山脈の鉱山で採掘が始まりました。

ロシアのエメラルド鉱山では、ほかのジェムストーンも産出されました。色を変える不思議な力を持つ新しいジェムストーンもそのひとつでした。日光の下で見ると深い緑色なのに、ロウソクの火で見ると赤みがかっています。そのジェムストーンは、若き皇太子で1855年に皇位につくことになる皇帝アレキサンドル二世にちなみ「アレキサンドライト」と名づけられました。

一説によると、アレキサンドライトが発見されたのがアレキサンドル二世の誕生日である1830年4月23日だったともいいます。しかし、鉱床の発見時期とジェムストーンの名付けの由来が一致しているわけではないようです。ウクライナ人のアレキサンドライト専門家、ヴィタリー・レペジ氏は、アレキサンドライトが実際に発見されたのは1834年4月3日、皇帝付きの高名なフィンランド人鉱物学者、ニルス・ノルデンショルド博士によるもので、正式にアレキサンドライトと呼ばれるようになったのは1842年以降だろうと考えています。(さらにおとぎ話的なアレキサンドライト発見のいわれについては、22~23?ページをご覧ください。)

発見された正確な日付はさておき、この新しいジェムストーンはセンセーションを巻き起こしました。だれもがアレキサンドライトを欲しがったのです。ところがもちろん鉱山労働者はおもしろくありません。アレキサンドライトのわずかな鉱脈を追ってペグマタイトを手で切り開いたり、露天掘りをしたり、小さなトンネルを掘ったりと、非常に原始的な方法で採掘しなくてはならなかったからです。長い冬のあいだ、刺すような寒さと目を開けていられないほどの吹雪の中で働くことを想像してみてください。そして、夏になっても決して楽ではありません。ブヨや蚊、アブの大群に襲われるに違いありません。

アレキサンドライトが未来の皇帝の誕生日に発見されたという偶然は、この不思議なジェムストーンが映し出す色がロシア帝国軍の色である赤と緑であることからも、大いにもてはやされました。帝国を二重に意味するアレキサンドライトは、瞬く間にロシアで人気を博し、幸運を呼ぶと信じられました。

ふたつの色を持つことから、ロシアではアレキサンドライトのジュエリーをひとつだけ身につけると孤独になると言われました。また、クリスタル療法では、アレキサンドライトは身につける人が危険に直面した時に直観力を高めてくれると言われています。創造性や創作力を刺激してくれると言う人もいます。

アレキサンドライトについて

キャッツアイ アレキサンドライト

宝石学では、色が変わるクリソベリルをすべてアレキサンドライトと呼びます。変化する色によって名称が異なるということはありません。アレキサンドライトの色の変化は純粋な光源によるものです(純粋な自然光から純粋な白熱光、例えば太陽光からロウソクの火など)。

興味深いことに、カラーチェンジ効果はアレキサンドライトに限ったことではありません。サファイアやガーネットなど、色が変化するジェムストーンは数多くあります。しかしアレキサンドライトが見せる色の変化の幅は、天然のジェムストーンの中では突出しています。

エメラルド同様、インクルージョン(内包物)はアレキサンドライトに共通する特徴です。インクルージョンはジェムストーンと地球との自然界における関係を示しています。人工のアレキサンドライトが普及していることを考えると、インクルージョンはむしろ人工の偽物と本物を見分ける美しい証拠とも言えるでしょう。

アレキサンドライトは希少性があり、それぞれの結晶のカラットと美しさを最大限に生かすようにカットされるので、形や大きさが多様です。

美しい光学的効果が珍重されるアレキサンドライト キャッツアイは、カラーチェンジ効果にキャッツアイ効果が組み合わされています。専門的には「シャトヤンシー」と呼ばれるこの興味深い現象は、並行に走るインクルージョンが光を集めて一本の帯状に見せることで起こります。この効果を見せるには、ジェムストーンはカボション・カットにしなくてはなりません。

美しいアレキサンドライトが採掘される鉱山はいくつかありますが、鑑定家のあいだではロシアのアレキサンドライトが伝統的に高く評価され、羨望の的となってきました。1892年、有名な宝石商であ るエドウィン・ストリーターは『貴石と宝石』の中で「素晴らしきアレキサンドライトは、昼のエメラルド、夜のアメジスト。その市場価値は非常に変動的 で、質の良いものになると時に1カラット20ポンドにもなる」と書いています。現在、同じロシア産のアレキサンドライトには、何千ドルという値がついています。 ウラル山脈の鉱山はほんの数十年で閉鎖されましたが、今日でもごくわずかに採掘は続いています。2006年7月、著者(リチャード・W・ヒューズ)はマリシェバにある地域最大の鉱山を訪ねました。ここでは、アレキサンドライトとエメラルドがベリリウムの副産物として採掘されています。ともかく、ロシア産のアレキサンドライトはほとんど入手できず、幸運にも所有することのできた人は、まさに過ぎし時代のジェムストーンの守り人といえるでしょう。

インド南東部のアンドラプラデシュに住む部族の人が、アラク峡谷で最初のアレキサンドライトを見つけたのは1996年のことですが、それ以降、インド産のアレキサンドライトはロシア帝国と同じくらい波乱に富んだ歴史を歩んできました。必要性が声高に叫ばれた採掘規制が1999年に実施されたり、海岸沿いの鉱山が2004年の津波で崩壊したり と、インド産のアレキサンドライトの歴史はまさに山あり谷ありでした。GSTVが初めてご紹介したアレキサンドライトはグリーンアップルの色に輝き、オレンジ・ラズベリーからグレープまでの色の変化を見せるもので、インドのアンドラプラデシュ州ビシュナカハプトナム産でした。GSTVでは、この美しいジェムストーンを常に追い求め、新しいインドの鉱山でロシア産を思わせるような豊かな色を持つアレキサンドライトに出会いました。現在、インド産のアレキサンドライトは主にナルシパトナムという、最初の発見地であるビシュナカハプトナムから100キロ内陸に入った鉱山から調達しています。このアレキサンドライトの特徴は、深い緑色と、鮮やかなアメジスト色からルビーの赤、そして赤紫といった驚くべき色の変化です。アレキサンドライトは何億年も前の古生代に形成され、発見場所であるロシアのウラル地方とインドのナルシパトナムのペグマタイトは同じものであると言われています。インドでの採掘は危険な作業で、鉱夫たちは命がけで30メートルの深さまでぬかるんだ泥を掘り、アレキサンドライトの小さなかたまりを含んだ岩を見つけ出すのです。有名なブラジルのミナスジェライス州では、様々なジェムストーンが100年以上にわたって採掘され世界中を魅了していますが、新しくエマチータで1987年に大きな発見がありました。ペグマタイトを含む多くの鉱山の例にもれず、ブラジルのアレキサンドライトは、近寄るのが困難な起伏の激しい場所で発見されています。採掘方法は原始的な手掘りが主流です。例外として有名なのはエマチータ鉱山ですが、ここの美しいアレキサンドライトは現在ではごくわずかです。ブラジル産のアレキサンドライトの多くはインクルージョンがありますが、少量ながら質の良いものも採掘されています。2004年、ブラジルで新たなアレキサンドライトの鉱脈が発見され、青緑色から魅力的なラズベリー色に変化するアレキサンドライトが出ています。 エマチータ産の最高品質のアレキサンドライトは、世界のどこで産出されるものにも負けません。

マダガスカルやタンザニア、モザンビークの 鉱山でも、ここ数年、良質のアレキサ ンドライトを生産しています。アフリカ産のアレキサンドライトは川のそばなどの湿った土地にある のが特徴で、手で川床を掘り、アレキサンドライトを多く含む沖積層を取り出すという方法で採掘されます。

およそ90年のあいだ、アレキサ ンドライトの産地はロシアとスリランカに限られていました。多くの鉱山ではペグマタイトからアレキサンドライトを取り出すのに対し、スリランカで沖積した土砂から取り出されるアレキサンドライトは、日光の下では上品なサファイアのような緑色に輝き、白熱光の下では赤紫のスピネルに似たオダマキのような赤に変わるのが特徴です。