アメトリンの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

アメトリン
アメトリン 複数の色をもつ宝石
原産地 ボリビア
金色&紫色
属性 クオーツ
硬度 クオーツ
屈折率 1.54 - 1.55
比重 2.65

アメトリンは、世界でも最も珍しいジェムストーンのひとつで、なんとふたつのジェムストーンがひとつになっているのです。アメトリンを構成しているのは黄金色に輝く日光のようなシトリンと、紫色の夕日のようなアメジストです。

伝説

アメトリンは、アメジストとシトリン両方の超自然的な力をすべて備えているだけでなく、独自の性質も持っていると言われています。アメトリンは黙想を助け、緊張をなだめ、否定的な要素を追い払い、偏見を消してくれると言います。

アメトリンについて

アメトリンの珍しい色の組み合わせは、結晶構造の中に、それぞれの色を作る酸化状態の異なる鉄が存在することによるものです。どのようにしてこうなるのかは、完全には解明されていません。 アメトリンの主な産地であるボリビアのアナイー鉱山は、17世紀にスペイン人征服者がアジョレオ族の族長の娘アナイーと結婚して、鉱山を持参金として受け取ってから世に知られるようになりました。

アメトリンが市場に出回るようになったのは1980年以降で、ボリビアのアナイー鉱山からの品が大量に出てくるようになってからです。それ以前はめったに目にすることができないジェムストーンで、アメジスト・シトリンクォーツ、トリスティン、ゴールデンアメジストなどと呼ばれていました。 色の違いを際立たせるため細長くカットされることが多く、指輪やイアリング、ネックレスなどに向いています。大きめのアメトリンは特に魅力的なペンダントになり、パーティー・ドレスにぴったりです。アメトリンの価値は、色がくっきりと分かれているか、そして色の彩度が高いかによって決まります。アメトリンは、異なる顔をあわせ持つ驚くべきジェムストーンです。アメトリンのジュエリーを細工する時、GSTVではいつもアメジストとシトリンの両方が裸眼でもくっきりと見えるかどうかに細心の注意を払っています。