アベンチュリンの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

アベンチュリン
アベンチュリン アベンチュレッセンス
原産地 ブラジル、インド、アメリカ
青、茶、クリームがかった緑、緑、ピーチ
属性 クオーツ
硬度 7.00
屈折率 1.54 - 1.55
比重 2.64 - 2.69

アベンチュリンの名は、「偶然」がもとになっています。18世紀、ベネチアのガラス職人がガラスを溶かしていたところ、銅のやすりくずが間違って混ざったことで、きらめきのあるガラスができました。アベンチュリンという名はイタリア語で「偶然」を意味する「ア・ベンチュラ」からきています。でも、誤解のないように。アベンチュリンはガラスではなく、あの人気の高いカルセドニーの仲間なのです。

伝説

アベンチュリンは、幸運を呼ぶお守りとして用いられ、ギャンブラーの間で人気のあるジェムストーンです。 伝説によると、アベンチュリンは何にでもきく癒しの石で、ストレスを和らげ、自信や想像力を強め、好況を促進するのに使われます。チベットに昔からある伝説では、近視を治し、身につける人の創造性を高めると言われています。

クリスタル療法では、アベンチュリンには乱れた精神を落ち着かせ、感情のバランスを取り戻し、心の内に平和をもたらすと信じられています。

また、リーダーシップを高めるため、身につけると強い直観力をともなう決断力がつくと言われてもいます。

アベンチュリンについて

アベンチュリンはカルセドニー(珪岩、クォーツを含む変成岩 クォーサイト)の一種で、光を放つ鉱物が小さなインクルージョン(内包物)として含まれるため、きらきらと輝きます。アベンチュリンのこの輝きは「アベンチュレッセンス」と呼ばれます。色は中に含まれる鉱物によって変わります。雲母が含まれる物には、黄色や銀色のきらめき、あるいは光沢があります。針鉄鉱と赤鉄鉱が含まれる物には、赤や灰色のきらめき、あるいは光沢があります。またフックサイト(クロム雲母)を含むものには、緑の光沢があります。この3つが主に見られるアベンチュリンの種類です。 アベンチュリンの色には、緑色からピーチ色、茶色、青色、クリーム色がかった緑色まであります。アベンチュリンの前に色の名前がついていなければ、緑色と考えていいでしょう。かつて、グリーン・アベンチュリンは誤って「インドひすい」と呼ばれていました。