カルセドニーの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

カルセドニー
カルセドニー ロウのような光沢
原産地 ブラジル、インド、マダガスカル、メキシコ、南アフリカ、タンザニア、アメリカ
黒、青、茶、淡黄褐色、緑、グレー、赤、黄褐色、白、黄
属性 クオーツ
硬度 6.50 - 7.00
屈折率 1.53 - 1.54
比重 2.58 - 2.64

カルセドニー(潜晶質クォーツ)の名前は、現在のトルコのイスタンブール近くにあった、古代ビテュニア王国の港カルセドンからきています。

ロウのような光沢があり、色は様々で、青、白、淡黄褐色、黄褐色、緑、赤、グレー、黒、黄、茶などです。色のついたカルセドニーにはそれぞれ個別の名前があり、アゲート(縞模様)、ブラッドストーン(緑に赤の斑点)、カルセドニー(青から茶色がかった青)、クリソプレーズ(グリーンアップル)、カーネリアン(オレンジから赤)、フリント(鈍いグレーから黒)、ジャスパー(斑点のある赤、黄、茶、緑)、サード(明るい茶から暗い茶)などがあります。

伝説

ローマ時代の人びとはカルセドニーを印章として大切に使い、新約聖書(ヨハネの黙示録21章19 節)ではエルサレムの城壁を建てるときに土台石とされた12の石のひとつとなっています。エルサレムの12の土台石を12使徒にあてはめたカエサレアの司教アンドレアスは、カルセドニーを聖アンデレの象徴としています。ルネッサンス期、カルセドニーは健康と安全を約束してくれる魔法のお守りとして用いられました。 カルセドニーはまた、フローレンス・モザイクに使われる宝石のひとつです。16世紀後半のフィレンツェで発達したフローレンス・モザイクは、形に合わせて切った薄い宝石のかけらを組み合わせて絵を描く手法です。

カルセドニーについて

クォーツは、それぞれの結晶の大きさに応じて、だいたいふたつのグループに分けられます。顕晶質(結晶が大きい)のクォーツのグループには、アメジストやアメトリン、シトリン、グリーンアメジスト(プラシオライト)など、人気のある宝石がたくさんあります。潜晶質(結晶が小さい)のクォーツのグループは、それぞれの結晶があまりに小さくて見分けがつきにくいものも含まれています。カルセドニーはこの潜晶質のクォーツのひとつであると同時に、潜晶質クォーツの総称でもあり、大昔から愛されてきた多くのジェムストーンを含んでいます。通常はカボション・カットを施され、ネックレスやブレスレットなどでその存在感をアピールしています。