クリソプレーズ(緑玉髄)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

クリソプレーズ
クリソプレーズ 聖書に記述
原産地 オーストラリア、ブラジル、マダガスカル、ロシア、アフリカ、タンザニア、アメリカ
グリーンアップル
属性 カルセドニー・クオーツ
硬度 6.50 - 7.00
屈折率 1.53 - 1.54
比重 2.58 - 2.64

クリソプレーズの名は、ギリシャ語で黄金を意味する「クリソス」と、その色から連想される野菜のリーキ(西洋ネギ)を意味する「プラソン」に由来しています。

カルセドニー・クォーツの中でも最も愛されているジェムストーンのひとつで、グリーンアップルの色と希少性が評価されています。

伝説

クリソプレーズはギリシャやローマ、エジプトなどでジュエリーや装飾品に使われ、古代エジプトでは、ラピス・ラズリといっしょにジュエリーにはめこまれました。クリソプレーズは、エルサレムの城壁の土台石に使われた12の宝石のひとつとして聖書にも登場し(ヨハネの黙示録21章19節)、聖タダイの象徴とされています。14世紀には神聖ローマ皇帝カールが聖ウェンセスラス教会などの礼拝堂の装飾に使うなど、大変人気がありました。クリソプレーズはまた、プロイセンのフリードリヒ大王やイングランドのアン女王にも愛されました。

クリソプレーズについて

クリソプレーズの色は、ジェムストーンに含まれる水和ケイ酸塩と酸化ニッケルの量によるもので、黄色っぽい緑色からグリーンアップル色、萌黄色まで様々な色があります。 半透明のグリーン色をしているため、インペリアルジェイド(翡翠)と間違えられることがあります。 緑色のカルセドニーにはほかにプレーズ(やや抑えた色味の緑色をした非常に珍しいカルセドニーで、東欧やアメリカのデラウェア州、ペンシルバニア州で見つかっている)や、ムトロライト(クロミウムで色がついている緑色のカルセドニーの一種で、ジンバブエで見つかっている)などがあります。