シトリン(黄水晶)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

シトリン
シトリン 11月の誕生石
原産地 ブラジル、マダガスカル、モザンビーク、タンザニア、ウルグアイ、ザンビア
様々な色合いの黄
属性 クオーツ
硬度 7.00
屈折率 1.54 - 1.55
比重 2.65

黄色いシトリンは顕晶質クォーツの仲間で、その名前はフランス語でレモンを意味する「シトロン」からきています。シトリンは美しい透明なジェムストーンで、11月の誕生石のひとつです。

> シトリンを使用したジュエリーを見る

伝説

シトリンが最初にジュエリーに使われたのはヘレニズム時代(紀元前4世紀の終わりから紀元前1世紀まで)のギリシャでした。ローマ人が最初にシトリンを使ったのはキリストが生まれた後のころで、インタリオとよばれる沈み彫り(像が中に引っこむように彫る手法)とカボション・カットでした。 古代、シトリンは幸福のジェムストーンと信じられ、邪悪な考えを追い払うお守りとして使われました。また、歴史的に病気を治すためにも様々に使わ れ、消化を助け、体の毒素を取り除き(シトリンはかつてヘビなどの毒を持つ爬虫類を除くお守りとして用いられました)、伝染病や肌荒れを防ぎ、うつや便秘、糖尿病の治療に効果があると信じられていました。 クリスタル療法では、シトリンは精神的な能力を刺激し、創造性や直観力を高め、自信を強めるのに特に役立つと考えています。また、注意力を高めて感情をコントロールするのも助けてくれます。シトリンは、健康を手に入れ、維持するのに有効だとも言われています。

シトリンについて

シトリンは自然界ではアメジストに近い場所で産出される、アメジストに関係の深いクォーツ鉱物です。シトリンの色は、クォーツの結晶構造に少量(およそ100万分の40)含まれる鉄分によるものです。

シトリンの色はパステル系のレモンイエローからゴールデンイエロー、マンダリンオレンジ(ミカン色)、(マデイラワインの色にちなんで)マデイラレッドまで、様々です。昔から好まれているのはマデイラの色合いですが、最近ではもっと明るいレモン色を好む人も増えています。今日、シトリンのほとんどがウルグアイ、ブラジル、そしてマダガスカルなどのアフリカの国々で採掘されています。シトリンはトパーズと間違われやすく、「シトリン トパーズ」と呼ばれることさえあります。

バイカラーシトリンは、明るい金色がかった黄色のシトリンと氷のように白いホワイト・クォーツ(白水晶)が美しく融合し、ひとつのジェムストーンになったものです。バイカラーシトリンは、形成の過程で環境が変化したために起こります。色の元となる物質(鉄分)が結晶に含まれる時期によって、色の層が変わってきます。変わってきます。この特徴を使って意図的にカッティングを加えて作られるバイカラーシトリンは、色のコントラストのバランスが良いほど高く評価されます。ジェムストーンをカットして両方の色を作り出すのは、職人にとって難しい作業です。正確にカットするのが難しいジェムストーンだけに、出来の良いものは非常に美しいものです。

マンダリン・シトリン マディラ・シトリン マルチカラー シトリン