フェルドスパー(長石)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

オルソクレース
フェルドスパー(長石) 光学効果
原産地 ブラジル、中国、インド、マダガスカル、スリランカ、タンザニア、チベット、アメリカ
多種
属性 フェルドスパー
硬度 6.00 - 6.50
屈折率 1.51 - 1.57
比重 2.56 - 2.75

フェルドスパー(長石)は世界中で最も多く見られる鉱物グループですが、ジェムストーンとしてのクォリティを持つ結晶は希少です。アデュラレッセンス、アベンチュレッセンス、イリデッセンスといった珍しい光学的効果を示すことも多いフェルドスパーは、誰もが手に入れたいと望む、目を見張るほど美しいものです。多くのフェルドスパーのジェムストーンは他の鉱脈から離れた単独の鉱床のみで産出し、ダイヤモンドやルビー、サファイアのようなよく知られたジェムストーンよりはるかに珍しいものです。

フェルドスパーの名前は、ドイツ語で「畑の石」を意味する「フェルト・シュパート」からきています。長石が風化すると、カリウムのように土壌を肥やす植物の栄養素が放出されるからです。

フェルドスパーについて

フェルドスパーのジェムストーンにはさまざまな種類があり、中には外見も組成もよく似て混同しがちなものもあります。いろいろある商標名も混乱のもとで、外見や産地、組成が少々違うジェムストーンに同じ名前が付けられていることも少なくありません。アマゾナイト、アンデシン、ラブラドライト、ムーンストーン、オルソクレース、サンストーンはすべてフェルドスパーの仲間です。

フェルドスパーは大きく2つに分けると斜長石グループとアルカリ(カリウム)長石グループに分かれます。

  • アルカリ長石: 組成 主なジェムストーンの例
    • オルソクレース(正長石) 単斜晶系:KAlSi3O8 ムーンストーン
    • サニディン(玻璃長石) 単斜晶系:(K,Na)AlSi3O8 ジェムストーンとしてほとんど見られない
    • マイクロクリン(微斜長石) 三斜晶系:KAlSi3O8 アマゾナイト
    • アノーソクレース (曹微斜長石) 三斜晶系:(Na,K)AlSi3O8
  • 斜長石 : 曹長石(NaAlSi3O8)から灰長石(CaAl2Si2O8)までの系列
    • アルバイト(曹長石) 100~90%曹長石 ムーンストーン
    • オリゴクレース(灰曹長石) 90~70%曹長石 サンストーン(黄色、緑)
    • アンデシン(中性長石) 70~50%曹長石 サンストーン
    • ラブラドライト(曹灰長石) 50~30%曹長石 スペクトロライト、ムーンストーン、サンストーン(無色、黄色、赤、緑)
    • バイタウナイト(亜灰長石) 30~10%曹長石 赤みがかった色 ほとんどカットされない
    • アノーサイト(灰長石) 10~0%曹長石 薄い黄色、ほとんどカットされない