ジャスパー(碧玉)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

ジャスパー
レッドジャスパー
ジャスパー(碧玉) 聖書に記述
原産地 インド、マダガスカル、メキシコ
茶、緑、グレイがかった白、ピンク、赤、青みのある紫、黄
属性 カルセドニー
硬度 6.50 - 7.00
屈折率 1.54
比重 2.58 - 2.91

ジャスパーは不透明で粒子の細かい種類のカルセドニー(潜晶質クォーツ)です。一般的に赤、黄、茶、緑などの色で、斑点があります。ジャスパーの名前はラテン語で「斑点のある石」を意味する「イアスピス」からきており、ほかの種類のカルセドニーも指していたようです。

ジャスパーは通常カボション・カットを施され、伝統的にブローチやイヤリング、ネックレス、ペンダント、沈み彫り(像が奥に引っこむ彫り方)、カメオ(浮き彫り)などのジュエリーに使われてきました。

伝説

ジャスパーは古代にはお守りのジェムストーンとして好まれ、ギリシャやヘブライ、アッシリア、ラテンなどの文献に記述が残っています。例えば、ジャスパーは神が山の上でモーゼに授けた「火の石」(エゼキエル書28章13節から16節)のひとつで、天使を呼ぶ力があるとされました。モーゼは火の石に、祭司長である兄アーロンの神聖な胸当てにつくように命じました(出エジプト記28章15章から30節)。

新約聖書では(ヨハネの黙示録21章19節)、ジャスパーはエルサレムの城壁の土台石となった12の宝石のひとつでした。エルサレムの12の土台石を12使徒にあてはめたカエサレアの司教アンドレアスは、ジャスパーを聖ペテロの象徴としました。 アメリカ先住民の文化には、ジャスパーを地面の血の象徴とする考え方があり、地面の深く安定的なエネルギーとつながりを持つのに最適なジェムストーンとしていました。

クリスタル療法では、ジャスパーは守りの力のとても強いジェムストーンで、オーラを安定させ、機能していないエネルギーを排除することによって、リラックスや満足、思いやりを促してくれるとされています。

ジャスパーについて

クォーツのジェムストーンは一般的に結晶の大きさによってふたつのグループに分けられます。顕晶質(大きな結晶)のクォーツのグループにはアメジストやアメトリン、シトリンなどといった人気のあるジェムストーンが多く含まれています。潜晶質のクォーツはひとつひとつの結晶が非常に小さく、見分けがつかないほどです。カルセドニーは、このグループの一種であると同時に、潜晶質のクォーツの総称でもあり、ジャスパーなど、古代から愛されてきた多くのジェムストーンがその仲間です。