カイヤナイトの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

カイヤナイト
カイヤナイト 完璧なへき開、異なる硬さ
原産地 ネパール、チベット
属性 カイヤナイト
硬度 4.00 - 7.00
屈折率 1.71 - 1.73
比重 3.53 - 3.70

ディスシーン(二硬石)とも呼ばれるカイヤナイトの名前の由来は、ギリシャ語で青を意味する「カイアノス」です。最も人気のあるものは、最高品質のセイロンサファイアやカシミールサファイアを思わせる鮮やかな美しい色をしています。カイヤナイトの名前が使われるようになったのは1789年です が、ヨーロッパでは20世紀の初めまで、サファイアとして売られていました。

伝説

カイヤナイトの力強い青は、長い間、冷静さと平静、落ち着き、忠誠心、尊敬心を培うと信じられてきました。 民間療法では、カイヤナイトを瞑想やリラクセーションの道具として使います。療法士たちはカイヤナイトで「第3の目」のチャクラを開き、創造性を高 め、認識を広め、他者をよりよく理解するようにします。カイヤナイトはまた静穏をもたらし、夢や想像、洞察力によい影響を与えると信じられています。

カイヤナイトについて

カイヤナイトには一方向に完璧なへき開があります。完璧なへき開性があります。このへき開性と、方向によって異なる硬度(カイヤナイトはひとつの石に二種類の硬度がみられる、きわめて珍しい鉱物です)が相まって、カイヤナイトはファセットを作るのが困難なジェムストーンとなっています。品質を検討するうえで、カッティングが非常に重要な要件になるのは無理もないでしょう。

世界中の様々な土地で見つかるカイヤナイトですが、最高品質のものは、ネパール中西部カリ・ガンダキ地方の鉱床で産出されています。

1982年、カトマンドゥでわたしが初めてカイヤナイトを見た日のことを今でも鮮明に覚えています。ネパール産カイヤナイトはおそらく過去最高のものといって間違いなく、とびきり上質のサファイアを思い起こさせる豊かなブルーをしています。