マラカイト(孔雀石)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

マラカイト
マラカイト(孔雀石) 孔雀石とも呼ばれる
原産地 ナミビア、タンザニア、ザンビア
帯のある濃淡の緑
属性 マラカイト
硬度 3.50 - 4.00
屈折率 1.65 - 1.90
比重 3.25 - 4.10

マラカイトはアオイの葉の色に似ていることから、ギリシャ語でアオイを意味する「モロチェ」から名前を取っています。

マラカイトは二次銅鉱物(銅の鉱石鉱床の付近で銅を含有した溶液から形成される)で、濃淡の鮮やかな緑の筋を持つ、人気のあるジェムストーンです。マラカイトの美しい石の多くが、アズライト(藍銅鉱)やキュプライト(赤銅鉱)、クリソコラ(珪孔雀石)などといった他の鉱物との特別な化合物を含んでいます。

伝説

マラカイトは女神ビーナスを信じた古代ギリシャの人々に大切にされ、偉大な力を持つと考えられていました。 ローマでは、「孔雀石」と呼ばれ、稲妻などの天災から守ってくれる女神ユーノーに捧げられました。この古代の伝統を受け継いで、今日でもイタリアでは邪悪な目から身を守るためにマラカイトを身につける人がいます。 古代エジプトでも人気があり、伝説によるとカバの女神トエリス(ハトホルとも関係があります)は、たくさんのビーズがついたネックレスをしており、その中にマラカイトもあったということです。 伝説によると、マラカイトは、身につけている人に迫りくる危機を知らせ、危険が近づくと粉々に砕けると信じられていました。そこで、旅人を守るジェムストーンとされました。 現代のクリスタル療法では、マラカイトには守り、力、平和、希望、愛、そして仕事での成功といった力があるということです。

マラカイトについて

マラカイトの、濃淡の緑色の帯のある模様はユニークで、他のジェムストーンでは見られない姿をしています。濃淡の緑の帯は鮮明なので、最も見分けがつきやすいジェムストーンのひとつだと思われます。 マラカイトには他の鉱物と混ざりあう能力があるため、多種多様な魅力的な色や模様のものが発掘されています。この独特の組み合わせが、マラカイトを実に興味深いジェムストーンにしているのです。