マザー・オブ・パール(真珠貝)の特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

マザー・オブ・パール
マザー・オブ・パール(真珠貝) 古代からの宝石
原産地 中国、日本
多様
属性 有機物
硬度 2.50 - 4.50
屈折率 1.52 - 1.66
比重 2.60 - 2.85

マザー・オブ・パールは15世紀にエリザベス1世に名づけられましたが、その美しさは紀元前3000年からジュエリーや装飾品の飾りに使われてきました。ナクレ(アラビア語で貝を意味する「ナカラ」から)とも呼ばれますが、この名前は、この貝がパールを育てる「マザー」であることを示しています。

マザー・オブ・パールはカキやアワビ、ムラサキガイ、ヘリトリアワビなどの貝殻の内側を覆っている、玉虫色の光沢を持つ滑らかな物質です。

伝説

1920年代、中東のバビロンの東側で、一群の墓所が発見されました。この墓所は古代メソポタミアのシュメール人の王族の物で、金や銀、宝石などの財宝や、(この古代文明において富と洗練の証しとされていた)マザー・オブ・パールがはめこまれた美しい木の装飾品、楽器などが出土しました。この王族の墓所のひとつで見つかったウルの銀色の竪琴は、紀元前2600年から2400年のものでしたが、この竪琴は銀の板ですっぽりと覆われ、マザー・オブ・パールがはめこまれていまし た。 アジアでは、キリスト生誕の何世紀も前に、中国人が、生きている貝の殻と柔らかい外被の間に落ちたビーズや小さな仏様の像が、すぐにマザー・オブ・パールに覆われることに気づきました。人々はこのようなビーズや彫り物を寺に持って行き、仏様への捧げものにして、幸運を祈りました。カルロス・カスタネダのシャーマンを扱った物語で名を知られるようになったメキシコのインディヘナ、ヤキ族は、「オポオロシム」と呼ばれるネックレスをしています。ネックレスはマザー・オブ・パールでできており、身につける者を悪から守ってくれると信じられています。

15世紀には、ヨーロッパでマザー・オブ・パールが金や銀のリング、ネックレスやブローチに使われるようになり、需要が伸びたため、ペルシャ湾のマザー・オブ・パールが激減しました。 1568年、「太平洋の真珠」と呼ばれるソロモン諸島が、スペインの探検家アルバロ・デ・メンダーニャによって発見されました。この島に金とマザー・オブ・パールが豊富にあることを知ったメンダーニャは、ソロモン王の伝説的財宝の源を見つけたと信じ、ソロモン諸島と名づけたのです。 ポリネシアの言い伝えによると、サンゴと砂の精であるオカナとウアロが、タヒチのカキを海の魚のすべての色を持つきらめく外套で覆ったため、マザー・オブ・パールの玉虫色のきらめきができました。

マザー・オブ・パールについて

質の良いマザー・オブ・パールは二枚貝(2枚の貝殻を持つ貝)と呼ばれる貝の仲間が作ります。

マザー・オブ・パールの真珠層は、有機物の粒子が貝の中に入りこんだ時、あるいは何らかの理由で貝に傷がついた時にできます。

異物あるいは傷に気づくと、貝の中の生物体が、アラゴナイトの派生鉱物である炭酸カルシウムと、つなぎの役割をするたんぱく質のコンキオリンを分泌します。炭酸カルシウムの層が定着し、それをコンキオリンがかこみ、ノリのような働きで結晶をつなぐのです。

マザー・オブ・パールは生きている有機物によって作られるため、その形成には環境的な要因が大きく働きます。マザー・オブ・パールを作る貝は体温の調節ができず、外部の環境の変化の影響を直接受けます。マザー・オブ・パールの色合いは、その遺伝的な性質と周りの水によって育てられ、幅広い種類になるのです。