クオーツの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

ゴールデン ルチルクォーツ
クォーツ 古代の宝石
原産地 オーストラリア、ボリビア、ブラジル、インド、ケニヤ、マダガスカル、モザンビーク、メキシコ、ロシア、南アフリカ、タンザニア、ウルグアイ、ザンビア
多種
属性 クォーツ
硬度 6.50 - 7.00
屈折率 1.53 - 1.55
比重 2.58 - 2.91

ギリシャ人はもともとクォーツに「氷」の意味の「クリスタロス」という名をつけましたが、これはその後すべてのクリスタルの名称になりました。実際のところ、クォーツという現代名は、サクソン語で「鉱脈が交差した鉱石」という意味の「クェルクルフテルツ」という語が語源です。

ジュエリーにセッティングするほど美しいものが豊富に産出されるわけではありませんが、クォーツ(石英)はさまざまな地質の場所で見られ、あらゆる種類の岩石に含まれています。種類、カラー、形状も豊富で、さまざまな種類のクォーツが、何千年もの間ジェムストーンとして使われてきました。

伝説

古代インドでは、クォーツはエネルギーを保つだけでなく、それを転換させるものであると考えられていました。現在でも、クォーツの結晶は瞑想用に広く使われています。ヒーリングの性質や、それとは別の哲学的な力があると信じられているからです。民間伝承では、クォーツは感受性の高いジェムストーンで、平和や愛といったプラスのエネルギーを引き寄せる力があるとされています。クォーツの神秘的な力は、感情のバランスを取り、心の安らぎをとって調和を持たせ、絆を深めたり、攻撃性を抑え、自尊心を高めるとも言われています。

クォーツについて

ローズクォーツ
スモーキークォーツ
ブルームーン クォーツ

クォーツのジェムストーンは、それぞれの結晶の大きさによって通常2つのグループに分けられます。 顕晶質という結晶の大きいクォーツには、アメシスト、アメトリン、シトリン、グリーンアメジスト(プラシオライト)、ローズクォーツ、ルチルクォーツ、スモーキークォーツ、タイガーズアイといったメジャーなジェムストーンがたくさんあります。 潜晶質のクォーツは、個々の結晶が小さくて判別しにくいものを言います。カルセドニーはそのうちのひとつの名前ですが、同時に潜晶質のクォーツ全体を指す包括的な語としても使われ、アゲート、カーネリアン、サード、クリソプレーズ、ブラッドストーン、ジャスパーといった古代から好まれていた多くのジェムストーンが含まれています。 クォーツにはアステリズム(スター効果)、シャトヤンシー(キャッツアイ効果)といった光学的効果が見られるものがあります。

アメシストはクォーツの女王で、品質の良いものはクォーツの中でも特に人気が高いものです。

アメトリンはバイカラー(二色)のジェムストーンで、アメシストの色の部分とシトリンの色の部分がひとつの石になっています。

ブルームーンクォーツはデュモルチェライトクォーツ、あるいは単にデュモルチェライトとも呼ばれます。不透明または半透明のブルーのクォーツで、この色は繊維状の苦土リーベック閃石やクロシドライトの微細なインクルージョン(内包物)によるものです。当社のブルームーンクォーツはリオグランデ・ド・スル州ウルグアイアナ地域にある、ブラジル南部でも特に歴史のある鉱床から採ったものです。名前に「ブルームーン」とついていることから分かるよう に、このジェムストーンは澄んだ夜空に輝く月のように見えます。クリスタル療法では、ブルームーンクォーツは組織能力や自己鍛錬力、統制力を高めるジェムストーンとされています。

シトリンはイエローをしたクォーツで、フランス語でレモンを意味する「シトロン」がその名の語源です。

ファントムクォーツ(ゴーストクリスタル、スペクタークリスタル、シャドークリスタルとも呼ばれる)は「ファントム」という現象を見せる珍しいジェムストーンです。ファントムはクォーツの結晶中に時折見られるもので、初期の成長の跡が木の年輪のように残っているものです。

グリーンアメジスト(プラシオライト)はさまざまな商品名で取引されるため混同されやすく、他の種類のジェムストーンと間違われやすいジェムストーンです。

レインボークォーツ(ラベンダークォーツ、ネプチューンクォーツ、フクシアクォーツ、コーラルクォーツを含む)は見た目がミスティックトパーズに似てお り、それと同じ物理気相成長法(PVD)でコーティングされています。上質の天然ホワイトクォーツにこの処理をすると、トリートメントは通常に使用する限りは永続します。

スモーキークォーツはコニャック色など茶系の色合いの透明なクォーツです。「シャンパン・オン・アイス」とも呼ばれるスモーキークォーツは、アルミニウムを含むため、このような豊かな色合いになります。スモーキークォーツの一種であるカンゴームは、スコットランドのハイランドの伝説がその名の由来になっています。スモーキークォーツはスコットランドの国石であり、王家の笏(しゃく)の一番上には大きなスモーキークォーツが輝いています。

ロッククリスタル(別名ホワイトクォーツ)はカラーレスのクォーツです。

ローズクォーツはピンク色のクォーツです。透明なものはめったになく、ファセットカットにふさわしいグレードのジェムストーンはかすみのかかったような美しさを見せてくれます。

ルチルクォーツ(ルチライト、ルチレイテッドクォーツ、ビーナスヘアー、キューピットダーツとも呼ばれる)は美しいジェムストーンで、透明なカラーレスのクォーツに金色のルチルの針晶がインクルージョン(内包物)として多く含まれているものです。

タイガーズアイはアスベスト鉱物であるクロシドライトが、繊維状の構造を保ったままクォーツ(石英)に置換されたものです。通常は金色、または銅色になります。青みがかったタイガーズアイは、「ホークスアイ」と呼ばれます。

スタークォーツは、アステリズム(スター効果)がはっきりと表れた魅力的なジェムストーンで、カラーレス、ブルー、ピンク、シルバーがあります。スター効果は6条で、ジェムストーンを動かすと動いて見えます。スターが透過光によって見えることもあり、この現象をディアステリズムと言います。