シリマナイトの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

シリマナイト
スター シリマナイト
シリマナイト 他形体
原産地 ブラジル、インド、スリランカ
青、茶、無色、緑、白、黄色
属性 シリマナイト
硬度 6.00 - 7.00
屈折率 1.65 - 1.68
比重 3.24

美しく希少なシリマナイトは、アメリカの著名な地質学者ベンジャミン・シリマン(1779-1864)の名前が由来です。フィブロライトと呼ばれることもあり、シリマナイトは珍しいだけでなく、採掘者にとっては識別しにくく、加工者にとってはカットが難しいという性質があります。この三要素が揃ったシリマナイトは、魅力あふれる、個性的なジェムストーンです。

シリマナイトについて

シリマナイトは珪酸アルミニウムでできており、シルクのような繊維状の結晶のため、カボションカットに適しています。ファセットカットに適した透明な結晶はガラス光沢を示しますが、きわめてまれにしか見られません。シリマナイトの色には無色、ホワイト、ブラウン、イエロー、ブルー、グリーンがあります。

シリマナイトは、大きな圧力と高温にさらされた変成岩の層の中に散見されることが多く、そのため通常、火山地帯や温泉地帯で発見されます。母岩の中に散在しているので、採鉱者が探すのは難しいことがあります。 シリマナイトは、カイヤナイトとアンダルサイトの多形体(同質異像)です。多形体とは、化学成分は同じで、結晶構造がそれぞれ違う鉱物です。珍しいことですが、シリマナイトはもろいため、ファセットカットにするのが困難で、カッティングや加工のプロセスで50%が傷ついてしまうのです。 シリマナイトの結晶にはシャトヤンシー(キャッツアイ効果、平行のインクルージョンが一筋の光を反射するもの)やアステリズム(スター効果、交差するインクルージョンが星型の光を反射するもの)が現れるものがあります。こうした光学効果は人気が高く、カボションカットのリングやイヤリングに適しています。