タイガーズアイの特性、特徴、希少性、石にまつわる伝説について

タイガーアイ
タイガーズアイ シャトヤンシー
原産地 オーストラリア、ブラジル、インド、ナミビア、南アフリカ
青緑、ゴールデンブラウン、グリーングレー、レッドブラウン
属性 クオーツ
硬度 6.50 - 7.00
屈折率 1.53 - 1.54
比重 2.58 - 2.64

タイガーズアイはシャトヤントクォーツ(キャッツアイクォーツ)の一番メジャーな種類です。タイガーズアイは条線がトラの目に似ているためにその名前がつきました。タイガーズアイはクロシドライトキャッツアイまたはアフリカンキャッツアイと呼ばれることもあります。タイガーズアイはイエローとゴールデンブラウンのストライプがはっきりと見え、磨くとゴールドに輝きます。

伝説

古代から誰もが欲しいジェムストーンのひとつで、ローマ人兵士たちは戦闘時に身を守るためにタイガーズアイを身につけていました。その見た目から古代では万能であると信じられ、旅の身を守り、信念や自信を強めるとされていました。 多くの伝説で、タイガーズアイを身につけると健康や精神に良いと言われています。心理的なお守りとなり、ビジネスが成功し、頭の中がはっきりとするという伝説もあります。

現代のクリスタル療法では、タイガーズアイを精神集中のために使用します。

タイガーズアイについて

クォーツの原石は通常、サイズと結晶によって二つのグループに分けられます。結晶の大きい顕晶質のクォーツのグループには、タイガーズアイ、アメジスト、アメトリン、シトリンといったメジャーなジェムストーンが多く含まれます。潜晶質のクォーツのグループは、個々の結晶は小さすぎて容易に判別できません。カルセドニーはこのグループに含まれると同時に、潜晶質のクォーツを指す総称でもあり、古来から好まれてきた多くのジェムストーンが含まれています。 タイガーズアイは成分が入れ替わることによる仮像という鉱物で、繊維状のクロシドライトがシリカに代わったものです。

タイガーズアイにはシャトヤンシー効果(ネコの目のような垂直の条線の発光)が見られます。タイガーズアイは通常イエローとブラウンの条線が交互に輝きますが、シャトヤンシークォーツには、ブルーグリーンのホークスアイクォーツ、緑がかったグレーのキャッツアイクォーツ、レッドブラウンのブルズアイクォーツまたはオックスアイクォーツといった種類のものがあります。タイガーズアイはカッティングが重要です。原石の結晶には、仕上げを施したジェムストーンのシャトヤンシー効果がほとんど、またはまったく見られないからです。