• 楽天会員IDで会員登録&決済が可能!
▼こだわり検索
検索

【私の宝石物語】ヘアメイクアップアーティスト・小椋ケンイチさん

各界で活躍する有名人の方々が、宝石への想いを紡ぎ出す「私の宝石物語」。 今回は、「おぐねぇー」の愛称でバラエティ番組などでも活躍する、人気ヘアメイクアップアーティスト・小椋ケンイチさんが登場。400人以上の女優やモデル、タレントのメイクを手掛けてきた「美のカリスマ」が抱く、宝石へのこだわりとはー?

小椋ケンイチさん

「キラキラしたジュエリーが、子供の頃から大好きだったの!」という小椋さん。実家は長野県飯田市にある美容院。そこで育った少年時代に、宝石への憧れが芽生えたといいます。

「実家は360度、山に囲まれた田舎だったから、宝石のお店もそんなになくてね。当時はアタッシュケースを持った宝石屋さんが、山梨県の甲府から、母の美容院に行商に来てたんです。
アタッシュケースを開くと、キラキラ輝く宝石が沢山つまっていて、大人達が夢中になってる。そんな光景をよく覚えてます。まだ小学校低学年の頃でしたけど、人を夢中にさせる宝石の魅力? 魔力?みたいなものに僕も魅かれて、宝石屋さんが来るのが楽しみで。妹は宝石屋さんが来ても、近付くことは全くなかったけど(笑)僕はいつも母親の横で、キラキラした輝きをずっと見てましたね。」

そんな小椋さんが、実際にジュエリーを身につけるようになったのは、20代になってから。当時は「渋カジ」全盛時代。初めて買ったジュエリーも、カジュアルなファッションに取り入れられるものでした。

▲ 大切な「青色ジュエリー」
お母様から譲り受けた
ブルートパーズのブレスレット

「一番最初に買ったジュエリーは、ターコイズ! 渋カジに合わせてつけられる、シルバーのインディアンジュエリーだったと思います。『宝石』という実感はまだなくて、『石』を身につけるっていう感覚で、つけてましたね。そしてターコイズで一通り揃えた後は、スイスブルートパーズにハマりました。名前も好きだし、真っ青な青がすごくきれいで、自分のお守りみたいな感じになって。そこからずっと、青い石!僕の中では、青が護身の色になりました。ブルーを身につけていると、何だか落ち着きますね。」

お茶目な辛口トークで、テレビや雑誌などのショッピング系メディアからも注目される小椋さん。 実はGSTVの前身であるGemsTV時代に、番組MCを担当。ジュエリーに間近で触れることで、ジュエリーの知識も深まり、ジュエリーへの想いも高まったといいます。

「GemsTVのMCは、ジュエリーが身近に感じられて、やっていてとっても楽しかったです。宝石っていうと、デパートで勇気を振り絞って買わなきゃとか、そんなイメージがあったけど、GemsTVは、カジュアルに楽しめるというか、背伸びしなくても夢を叶えてくれるようなジュエリーがいっぱいで、その喜びを皆様にお伝えしたい一心で。日本人が持ってる『宝石』っていう感覚が、『ジュエリー』っていうイメージに近付いたんじゃないかしら?僕自身、お買い物も沢山させていただきましたよ(笑) ジュエリーをプレゼントするのが好きなので、Gemsで買って、タレントさんによくあげてました。仲良しのMEGUMIちゃんが結婚した時には、Gemsでピンクの石の指輪を買って、お祝いしました。ジュエリーをあげるのは好きだけど、指輪をプレゼントしたのは、後にも先にもその一回だけ。しかも女の子に(笑)でもその指輪、MEGUMIちゃんによく似合ってましたよ!」

▲大好きなターコイズのジュエリー

人気ヘアメイクアップアーティストとして、女優やモデルから絶大な支持を受ける小椋さん。実はメイクには、ジュエリーをより美しく輝かせる、とっておきの法則があるといいます。

「首元と口紅って近くでリンクするので、胸元のジュエリーの色に合わせて、口紅の色を選んだりすると、とってもキレイ!例えば、ベージュやオレンジ系の口紅なら、暖色系の黄色やオレンジのジュエリー。色が白い人は、青みがかったピンクの口紅が似合うんだけど、そういう時は青い光のダイヤとか。肌の色や口紅の色に合うような付け方だと、なじんでとっても素敵だと思います。海外の女性は、その日身につけるジュエリーに合わせて、アイシャドーもチークも口紅も全部変えたりするけど、日本人にはまだちょっと真似は出来ないかも。でもGSTVさんのラインナップを見ていても、これだけジュエリーの幅があるんだから、せめてジュエリーの色に合わせて、口紅の色を変えてみるのも、すごく素敵だと思います。」

石の色と口紅の色を合わせれば、ジュエリーはさらに輝く。「メイクを通じて人を幸せにしたい」という小椋さんからの提案。是非一度お試しあれ。

ジュエリー★一問一答

ジュエリーをプレゼントすることは?
大好き!「お揃い!」とか言ってすぐあげちゃう!ジュエリーって相手を束縛する要素が強かったりするから、身につけてもらうことが嬉しくて、すぐ買っちゃうんだと思う(苦笑)
逆にジュエリーをプレゼントされたことは?
それがもらったこと一回もないの!(笑)そんなお金ある人と付き合ったことないから!?(左手薬指は)まだ空いてるんだけど、誰も気付いてくれない(笑)
好きな宝石は?
よくつけるのは、青い石だけど、色石は全般的に大好き!ベトナムって色石の産地で、よく買いに行ったりするんだけど、デパートの宝石売り場に、カラフルな極彩色の色石がズラリと並んでいる光景は圧巻!その景色を見たくて、ベトナムに行ったりするくらい。
一番大事にしているジュエリーは?
宝石好きの母からもらったブルートパーズのブレスレット。母は70過ぎた今も、現役で毎日お店(美容院)に立ってます。指輪を3つも4つもつけて、髪の毛切ってる(笑)お店は母にとってステージ。宝石はステージ衣装。宝石って人を元気にしてくれるものだなって、母を見ているとつくづく思う。
これからしてみたいジュエリーは?
イヤーカフでオシャレしたい。

小椋ケンイチさん プロフィール

1968年長野県飯田市生まれ。
大学で心理学を専攻する一方、美容の勉強も重ねて、卒業後ヘアメイクの道に。 以降、ヘアメイクアップアーティストとして、400人以上の女優、モデル、タレントのヘアメイクを担当。 「おぐねぇー」の愛称で親しまれ、テレビ番組などでも活躍中。
オネエの立場だからこそズバっといえる、お茶目な辛口トークで、幅広い年齢層の女性達から絶大な支持を得ている。

番組ガイド誌「ジュエリー☆GSTV番組表」 2015年8月号掲載)

私の宝石物語へ戻る