• 楽天会員IDで会員登録&決済が可能!
▼こだわり検索
検索

BS-TBS 麗しの宝石物語9月はコロンビア

エメラルドの原石

エメラルドの原石

 8月放送のイタリアンジュエリーの数々とその歴史はいかがでしたでしょうか?ゴージャス感たっぷりのゴールドジュエリーや海が産み出した奇跡ともいえるサンゴジュエリー、シェルカメオなどの素晴らしさをより詳しく知っていただけたかと思います。

 そして今月ご紹介するのはコロンビアです。コロンビアは世界のエメラルド産出量の約60%を占める、まさに「エメラルドの王国」。コロンビアのエメラルドは深みのある緑が特徴で、ブラジルなど他の産出国のエメラルドより良質とされています。古代インカの時代から重宝され、クレオパトラもこよなく愛したと伝えられるエメラルドにまつわる物語を、ぜひお楽しみください。

黄金とカリブ海の青、エメラルドの緑が彩る魅惑の国コロンビア

オリンピコ劇場

 今月はコロンビアからのレポートをお送りします。GSTVをご覧いただいている方にとってはお馴染みの「ジェムハンター清水雅弘さん」も登場します。清水さんは何度もコロンビアを訪れていて、現地人かと思うくらい色々なことを知っている上に、当然ながらエメラルドの知識についても随一。まさに日本人屈指のエメラルドのプロフェッショナルです。今回はそんな清水さんと行動を共にしてのレポートです。

幻の黄金郷エル・ドラード

uruwashi201509_img02.jpg

▲ 黄金の美術品

uruwashi201509_img03.jpg

▲ 伝説の黄金の筏

 コロンビアの歴史を知る上で切っても切れないのが、黄金郷エル・ドラード伝説。コロンビアの首都ボゴタに降り立った私たちは、その伝説を肌で感じるべく、まず市内にある黄金博物館に向かいました。コロンビアは先代インディオの時代には、黄金がたくさん採掘されており、実際に黄金の装飾品などが多数発見されています。

 エル・ドラードも18世紀後半までは都市として世界地図にものっていたくらい、実在が信じられていたそうです。19世紀初頭に地理学者によってその伝説は崩されましたが、16世紀のチプチェ文化時代やスペインの支配化となった後においても、優れた金製品を作れる技術が存在していたことは事実のようです。

 黄金博物館にはそれを実証するように、またエル・ドラードは実際に存在していたのでは、と思わせるくらい、古代の黄金装飾品などがたくさん展示されています。エル・ドラードの持つ魅惑は人類にとって永遠に幻として続くのでしょう。

エメラルド王国

uruwashi201509_img04.jpg

▲ 現地で取引される良質のエメラルド

uruwashi201509_img06.jpg

▲ コスケス鉱山までの過酷な道のりを
6時間も移動

 コロンビアには大小200以上の鉱区があり、たくさんの鉱山が存在します。その中でも有名な鉱山が、ムソー鉱山、チボール鉱山、コスケス鉱山です。採掘されるエメラルドもそれぞれ特徴を持っています。ムソー鉱山は、コロンビア最大の鉱山であるとともに、最高級のエメラルドを産出するという定評があり、濃い緑色に青みが入った深い味わいのある色が特徴。

 それに対しチボール鉱山のものはムソー鉱山のものと比較すると内包物が少なくて透明度が高い、コスケス鉱山のものは黄色味を含んだ淡い緑色に特徴があります。これらの特徴は、もともとコロンビアがカリブ海の火山活動の隆起で出来上がった土地であることも関係しているといわれています。今回は鉱山省の方にそのようなお話も聞けたうえに、清水さんと一緒にコスケス鉱山に入ることも出来ました。

コスケス鉱山

uruwashi201509_img007.jpg

▲ まるでサウナのような過酷な坑道

uruwashi201509_img09.jpg

▲ 現地での取引風景

 ボゴタから車で6時間ほど、未舗装でガタガタの道を砂埃を上げながらの過酷な道のりを経てやっとのことでコスケス鉱山に到着です。鉱山にはたくさんトンネル(坑道)があり、そのすべてが採掘場。私たちは「ラパス」(“平和”を意味する)という名のトンネルに入ることになりました。コスケス鉱山にテレビカメラが入るのも初めてとのこと。否が応にも気分は高まります。

 そして、清水さん先導のもと、地中深く降りていくエレベータに乗り、いざ、入坑!…といきたいところでしたが、待っていたのはトンネル内の過酷な環境でした。温度は30℃以上、湿度は100%、まるでサウナの中です。鉱夫さんはこの中で、エメラルドを発見するべく岩盤を砕いていく危険な作業を8〜9時間もするそうです。まさにエメラルドに命を懸けていることを実感します。

 そして約2時間半後、私たちにとって相当過酷だった鉱山体験が終わると同時に、その日の体力もすべて使い果たしてしまったくらいに疲れ果ててしまいました。あらためてエメラルドを採掘している鉱夫さんたちの強靭さと意志の強さが素晴らしいエメラルドを世に出しているのだな、と感じました。

BS-TBS 麗しの宝石物語へ戻る